アレコレ LOG

ちょっとした立寄り情報だったり、どっぷりハマってる趣味だったり、自分が出来る事したい事を集めたのが【アレコレLOG】です。

北海道で洞窟探検!!【北海道指定天然記念物・当麻鍾乳洞】

この記事をシェアする

北海道の当麻町(とうまちょう)に、鍾乳洞を探検する事が出来る場所があります。
 
世界的にも貴重的な「質」の鍾乳石がある、はるか昔の、1億5000万年前の恐竜が栄えていたジュラ紀から時間をかけて自然が作り上げた、当麻鍾乳洞(とうましょうにゅうどう)
 
蟠龍伝説が伝わる当麻町には、当麻鍾乳洞(えぞ蟠龍洞)は、龍神が休む所という伝説が残されています。
 
8月の暑い日に子供達と行く事になったのは、「毎日暑いし、涼しそうな場所に遊びに行ってみよう!」という、ほんとは鍾乳石に興味があった訳ではなく、軽い気持ちでした(笑)
 
 
 

当麻鍾乳洞(とうましょうにゅうどう)を探検

 
当麻鍾乳洞への道はクルマ通りがほとんど無く、到着すると本当に静かで周りを自然に囲まれた場所です。

当麻鍾乳洞へとつながる建物   2階は郷土資料館

当麻鍾乳洞へとつながる建物 2階は郷土資料館

入場料(大人500円、子供300円)を支払い、さっそく鍾乳洞に入ります。

思っていた通り中はヒンヤリと涼しくライトアップされ、幻想的な空間が広がります。
 
正直、鍾乳洞をナメてました!!

様々な形状の鍾乳石を観察できる

様々な形状の鍾乳石を観察できる

想像していた洞窟の中は、つらら状の天井が広がる空間だけだと思っていましたが、実際見ると全然違います。

 
違う惑星はもしかしたら、こんな感じの世界が広がっているのかもしれません。
SF映画に出てくるような光景が一面に広がります。

f:id:hanamako1y:20180911135706j:plain

全長135mの内部には、不純物が少ない透明度の高い鍾乳石が連なっています。
さすが北海道指定天然記念物になるほどの美しさ。

f:id:hanamako1y:20180911135629j:plain

鍾乳石は多彩な種類を見る事ができ、形状がそれぞれ特徴的です。
どこを見ても同じような場所は無く、中を進むと様々な違う景色を楽しむ事ができ飽きる事はありません。
数カ所池があり、水面に写し出される鍾乳石は見るものを惹きつけます。
 
鍾乳洞は複雑に曲がりくねっていて、ちょっとした冒険気分も味わえます。
 

当麻鍾乳洞は鍾乳石の純度が高く、希少価値が高い

 
当麻鍾乳洞の魅力のひとつとして、「希少価値が高い」という事があります。
不純物が少なく、透明度の高い鍾乳石なのでとても美しく見えます。

f:id:hanamako1y:20180911140557j:plain

 
【鍾乳石の種類】
 
・ながれ石(フローストン)
結晶がぎっしりと柱状にならんで成長した鍾乳石で、霜柱が1カ所に密生したように見えるのがながれ石の特徴です。
 
・つらら石
生成の途中までは鍾乳管と同じですが、天井から伝わってくる水がパイプの外側を流れる事で空洞がふさがれ、氷のつららのようになったものをつらら石といいます。
 
・アンソダイト(石花)
通常、鍾乳石はカルサイト(方解石)でできていますが、まれにアラゴナイト(あられ石)から成るものがあり、それがアンソダイトの1種で菊の花の形になったものをいいます。
 
・鍾乳管(マカロニ鍾乳石)
直径4〜5ミリ程の中が空洞になっている薄いパイプ状になった鍾乳石です。
 
・カーテン
傾いた天井や壁に生成される鍾乳石で、いく筋もの結晶が結合してカーテン状になったものをいいます。
 
・石柱
鍾乳管やつらら石が、石筍(せきじゅん)とつながって1本の柱のようになった鍾乳石です。
 
・石筍
鍾乳管やつらら石などの先端から落ちた水滴からできた鍾乳石で徐々に筍のように成長していきます。
 
※鍾乳石の種類は、当麻鍾乳洞のパンフレットより引用

 

 

f:id:hanamako1y:20180911152610j:plain

鍾乳石にはいろいろな種類があります。
鍾乳洞を見学して目の前の鍾乳石がどの種類なのか、特徴を見つけて当ててみて下さい。
 
 

鍾乳洞見学する時の注意点

 
 鍾乳洞内は狭くて屈みながら歩く場所や、急勾配の狭い階段を昇り降りするなど、なかなか険しい見学になります。

f:id:hanamako1y:20180911143702j:plain

動きやすい服装、靴じゃないと鍾乳洞内の移動は大変。
足元も暗く濡れて滑りやすい場所が多いので、充分注意する事が必要です。

鍾乳洞内は狭い場所も多い

鍾乳洞内は狭い場所も多い

かなり狭い場所もあるので、油断すると頭をぶつけます!

 
 

鍾乳洞に隣接した郷土資料館

 
鍾乳洞から通路で繋がっている郷土資料館では、明治初期から昭和初期までの郷土資料が多数展示されています。
 

当時の生活の様子を想像できる郷土資料の数々

当時の生活の様子を想像できる郷土資料の数々
北海道開拓時代からの貴重な資料なので、鍾乳洞を見学しに来た際にはぜひご観覧下さい。
 

当麻鍾乳洞お問合せ先・入場料

 
【お問合せ先】
・住所   北海道上川郡当麻町開明4区
・TEL   0166-84-3719
     (閉洞期間中   TEL  0166-58-8639)
 
【入場料】
・大人(高校生以上)  個人500円  団体400円
・小人(小中学生)      個人300円  団体250円
・幼児                         無料
※団体は20名以上
 
・開洞期間    4月下旬〜10月下旬
・開洞時間    9:30〜16:30
 
 

以上、北海道で洞窟探検!!【北海道指定天然記念物・当麻鍾乳洞】でした。