アレコレ LOG

ちょっとした立寄り情報だったり、どっぷりハマってる趣味だったり、自分が出来る事したい事を集めたのが【アレコレLOG】です。

【ダーツ初心者講座 実践編】ダーツアレンジの覚え方につながる基本

この記事をシェアする

ダーツを始めたばかりのあなたが、まず最初に覚えなければならない事を教えます。
これを読んで実践すれば、必ず上達に繋がりますよ!!

【ダーツ初心者講座】関連記事

www.hanamako.com

 

www.hanamako.com

 

www.hanamako.com

f:id:hanamako1y:20180904053556j:plain

 

 

ダーツボードの数字配置を覚える

ダーツボードの数字配置を覚えるのは、基本中の基本です!
でも最初は数字を探すのに慌てて、ゼロワンのフィニッシュで焦ってしまったり、15〜20のクリケットナンバーがどこにあるか迷うと思います。
それは恥ずかしい事ではありません。
誰もが最初はそうです。

【ダーツボードの数字配置を覚える利点】
・探すのに慌てなくて済む。
・狙う数字向かって、正しく構える事ができる。
・投げるリズムが狂わなくなる。
・投げる事に集中できる。
・アレンジを考える第一歩になる。

数学配置を覚えると実際投げる時に身体が安定し、集中力が途切ずリズム良く投げれるので狙いやすくなります。
なので数字配置を覚えるとダーツは上達します。

 

 

数字配置の覚え方

ダーツボードの画像を眺めるより、実際に身体を向けて投げて覚えるのが一番早いです。

【練習方法の例】
・1〜20のシングルを狙い、順番にワンスロー(3本)づつ投げる。
・1〜20のシングルを狙い、シングルに1本入れば次のナンバーに移動する。

慣れてきたら奇数ナンバーだけを1〜19まで、また偶数ナンバーだけを2〜20まで投げる。
このように変化をつけると、より効果があります。
いろんなパターンを自分で考えて行って、身体が自然に向くようになれば完璧!!

 

 

ダブルとトリプルの得点を覚える

初心者のステップアップの仕上げに、ダブル(ナンバー×2)とトリプル(ナンバー×3)の得点も覚えていきましょう。
必ず使うようになります。
ダーツアレンジに挑戦する入り口になるので、頑張りましょう。

覚えて方としてはダブルとトリプルの得点を頭に浮かべながら、その場所を狙って投げると覚えやすいし、その数字を狙いたい時に自然と身体が向くようになります。

今回の内容で共通しているのが、数字配置を頭と身体で覚えると投げる事に集中できるという事。
投げる事に集中するというのはダーツにとって重要です。
ダーツ上達の為の基本だと思って挑戦してみて下さいね。


ダーツボードの数字配置とダブルとトリプルの得点を覚えるだけなら、すぐに実践出来そうですよね。
きっと毎日投げるのが楽しくてしょうがないと思います。
周りを見ると上手な人も沢山いると思いますが、自分で工夫して練習するうちにあなたもきっと上級者になれるはず。
頑張って下さい!

 

ダーツ上級者への近道になる記事はこちら

www.hanamako.com

 

以上、「【ダーツ初心者講座 実践編】ダーツアレンジの覚え方につながる基本」でした。