アレコレ LOG

ちょっとした立寄り情報だったり、どっぷりハマってる趣味だったり、自分が出来る事したい事を集めたのが【アレコレLOG】です。

横浜観光【横浜で絶対見ておきたい夜景】徒歩で堪能できるオススメコースを紹介

この記事をシェアする

徒歩だからこそ楽しむ事ができる、夜景のスポットの紹介です。


横浜観光に来たらせっかくなので電車やクルマでは行けない場所を歩いて、横浜の夜景をのんびりと堪能しましょう。


だいたい歩いて、40〜50分程で回れるコースを紹介します。

 

中華街から日本郵船氷川丸へ


中華街の東側【朝陽門】を出て、真っ直ぐ道なりに歩くと【山下公園中央口】に到着します。

装飾がきらびやかな朝陽門

装飾がきらびやかな朝陽門

山下公園に入ると、すぐ目の前には【水の守護神像】

静かな場所です。

ベンチでマッタリしてる人が多い【水の守護神像】

ベンチでマッタリしてる人が多い【水の守護神像】

そこを抜けて海岸に出ると、【日本郵船氷川丸】が見えてきます。

【日本郵船氷川丸】の勇姿

【日本郵船氷川丸】の勇姿

日本郵船氷川丸は近くで見るとさすがに大きい!
夜はライトアップされ、昼に見るのとは全く違う雰囲気に。

88年も前の船ですが力強いデザインで、現在のシャープで巨大なクルーズ船とは違ったレトロな感じがとてもオシャレに見えます。

日本郵船氷川丸は昭和5年に建造された、戦前より現存している日本で唯一の貨客船です。

太平洋横断シアトル航路で運用されていましたが、昭和35年に最後の航海を終えて現役を引退しました。

平成28年8月に重要文化財に指定されています。

【日本郵船氷川丸】主要データ
・全長 163.3メートル
・総トン数 11,622トン
・主機 B&W複動4サイクルディーゼル機関 2機2軸
・スピード 18.38ノット
・船客 一等 79名
二等 69名
三等 138名
合計 286名
日本郵船氷川丸のサイトより引用

 

www.nyk.com

 

山下公園を進む


日本郵船氷川丸を見てひと休みしたら、山下公園をみなとみらい方向に進みます。

 

山下公園から見る海の夜景は、光が散りばめられとても美しくそして静かでとても落ち着きます。

 

海に向かってベンチが沢山設置されているので、ここで夜景を見ながら一息つくのも良いでしょう。

 

とても良い雰囲気で思わず夜景に見惚れてしまいます。

海に突き出た一際目立つエメラルドグリーンにライトアップされた建物は、大さん橋ふ頭ビルです。


そこから海に伸びて見えるのが、【横浜港大さん橋国際客船ターミナル】

山下公園からの夜景

山下公園からの夜景

タイミングが良ければ、豪華客船が停泊している様子も見れます。

横浜港大さん橋国際客船ターミナル内の、大さん橋ホームでは各種イベントも行われているので、それに合わせて行くのも良いです。

TOP|横浜港大さん橋国際客船ターミナル



山下公園レストハウスにあるオシャレな外観のローソンの横から、山下臨海線プロムナードに入ります。

建物のデザインが特殊なローソン

建物のデザインが特殊なローソン


横浜赤レンガ倉庫へ


山下臨海線プロムナードから、象の鼻パークの横を通って【横浜赤レンガ倉庫】に行きます。

ライトアップされた横浜赤レンガ倉庫

ライトアップされた横浜赤レンガ倉庫

この横浜赤レンガ倉庫には、多くのカフェ・レストラン・ショップ等が入っているので、立ち寄っても楽しむ事が出来ます。


また屋外の広いスペースを利用した、イベント広場のイベント情報も見逃せません。

www.yokohama-akarenga.jp





最後に運河パーク


横浜赤レンガ倉庫から、歩いてすぐの場所にある運河パーク。

最後の場所として選んだのは、まさに横浜を代表する夜景スポットにふさわしいから。
中央に見えるのが、【横浜ランドマークタワー】

最もオススメする運河パークからの夜景

最もオススメする運河パークからの夜景

すぐ横に【アニヴェルセル カフェ みなとみらい横浜】と【横浜コスモワールドの観覧車】がとても綺麗に見えます。

最もオススメする運河パークからの夜景

最もオススメする運河パークからの夜景

運河パークからの夜景は建物の光が水辺に反射し、そのまま額に入れて飾りたいと思うほど美しいです。


人も多いですが都会とは思えない静かな場所で、ここに来ると時間を忘れて夜景に見入ってしまいます。
 
普段見ることが出来ない美しい景色を見ると、不思議な感覚になり見ている世界に没頭してしまいます。
 

運河パーク周辺にも、沢山の観光スポットがあります。

minatomirai21.com





徒歩の勧め


徒歩観光の良いところは自分の好きなペースで楽しめるところです。
気に入った場所があれば、どこで立ち止まっても良いのです。

今回紹介した横浜の夜景を徒歩で楽しむルートには、かなり多くのベンチが設置されています。

自分が気に入った場所に座り、好きなだけノンビリと過ごす事が出来るのも徒歩だからこそ。

美味しい夕御飯を食べてホテルに戻る時など、少し遠回りをしてゆっくり楽しむ贅沢な時間を作ってみる。
こんな観光の仕方も良いのではないでしょうか。

以上、「横浜観光【横浜で絶対見ておきたい夜景】徒歩で堪能できるオススメコースを紹介」でした。