アレコレ LOG

ちょっとした立寄り情報だったり、どっぷりハマってる趣味だったり、自分が出来る事したい事を集めたのが【アレコレLOG】です。

横浜観光【カップヌードルミュージアム横浜】でマイカップヌードルを作ろう!!

この記事をシェアする

旅行の思い出にオリジナルのマイカップヌードルを作ろう!!
そんな貴重な体験を、楽しく行う事ができるのが【カップヌードルミュージアム横浜】です。

ここは、みなさんの身近にあるインスタントラーメンの歴史について学ぶ事ができる、大人も子供も楽しむ事が出来る施設になっています。

そして施設内は、子供達の想像力を膨らますような工夫と驚きにあふれています。


今回はあまり時間を掛けずに体験できるマイカップヌードル作りを中心に、【カップヌードルミュージアム横浜】の一部を紹介します。

f:id:hanamako1y:20180904105511j:plain




インスタントラーメンの歴史


今やインスタントラーメンは世界中で食べられていますが、「日清食品創業者の安藤百福さん」が1958年に世界初のインスタントラーメン(チキンラーメン)を発明しました。

安藤 百福 (あんどう ももふく) [1910 〜 2007]

1910年3月5日生まれ。日清食品創業者。安藤スポーツ・食文化振興財団創設者。

1958年、世界初のインスタントラーメン“チキンラーメン”を発明し、インスタントラーメン産業を創出。

1971年、世界初のカップ麺“カップヌードル”を発明。日清食品(株)の代表取締役社長、会長を務めるとともに、(社)日本即席食品工業協会会長、世界ラーメン協会会長として業界の発展に努めました。

1983年、私財を投じて(財)安藤スポーツ・食文化振興財団を設立し、青少年の健全な育成にも力を注ぎました。

※カップヌードルミュージアム公式サイトより引用


【カップヌードルミュージアム横浜】を見学すれば、いままでに無いものを創造して世の中に出すという事の凄さ、工夫と努力を誰もが感じると思います。

施設内のインスタントラーメンヒストリーキューブには、1958〜2016年までに販売されたインスタントラーメンのパッケージが展示されていて、「こんなに沢山の種類が、世の中に出されたんだ!」と驚くと思います。

また食べた事のあるインスタントラーメンを見つけると、その時代の懐かしい思い出が蘇ってくるのは不思議です。

f:id:hanamako1y:20180904105921j:plain



ファクトリーで製造過程を学ぶ


今回はマイカップヌードルファクトリーで、オリジナルカップヌードル作りを体験してきました。

まず1Fで入館料を支払い整理券をもらいましょう。
(整理券がなくなり次第、受付が終わってしまいます。)
そして整理券に書かれている時間内に、3Fのカップヌードルファクトリーに行って体験します。

【マイカップヌードル作り体験方法】
1.マイカップヌードル作りに必要な専用カップを、自販機で300円で購入する。

2.手を清潔にする為、アルコールで消毒する。

3.カップにマジックで、好きなデザインを描く。(これがメインの工程になります)

4.スタッフにサポートしてもらい、機械のハンドルを回して、カップに麺をセットする。

5.スープ(4種類から1つ)、具材4(12種類から4つ)を選ぶ。味の組合せは、なんと5,460通り!!

6.カップにフタをして、シュリンク包装をする。(この工程はスタッフが行なってくれます。)

7.エアパッケージにマイカップヌードルを入れ、空気を入れて膨らませたら完成!!

専用カップの購入から完成まで、約20分間ほどを要しました。
カップにデザインを描いてしまえば、あとはサクサク進みます。
事前にデザインを考えておくと、より満足な仕上がりになるでしょう。

【3.と5.の工程画像です。】
子供達に笑われた、芸術的なデザインのオリジナルカップ(笑)
こんな事なら絵の練習しておけばよかった(T_T)
スープと具材を選んでカップに投入!

f:id:hanamako1y:20180904110038j:plain


【6.の工程画像です。】
アルミキャップとシュリンク包装は、スタッフの方が分かり易く説明をまじえて全て行なってくれます。

f:id:hanamako1y:20180904110128j:plain


【7.のエアパッケージに入れて、持ち帰り。】
世界でひとつだけのマイカップヌードルが完成しました!
消費期限は作った日から1カ月が目安です。

f:id:hanamako1y:20180904110157j:plain



ミュージアムショップ


【カップヌードルミュージアム横浜】に入って、すぐ右手にあるミュージアムショップ。
見るだけで楽しくなるような物が沢山販売されています。

私の個人的なオススメの商品はカップノーヌードル!!
その名の通りカップだけの商品です。

f:id:hanamako1y:20180904110248j:plain


これで自宅に来たお客さんを、おもてなししたい!!


カップヌードルミュージアム横浜【施設情報】

【施設住所】
〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港2-3-4

【お問合せ先電話番号】
TEL 045-345-0918 (受付時間 10:00 〜 18:00 休館日を除く)

【開館時間】
10:00〜18:00(入館は17:00まで)

【休館日】
毎週火曜日(火曜日が祝日の場合は、翌日が休館日)
年末年始

【公式サイト】

www.cupnoodles-museum.jp



以上、「横浜観光【カップヌードルミュージアム横浜】てマイカップヌードルを作ろう!!」でした。