アレコレ LOG

ちょっとした立寄り情報だったり、どっぷりハマってる趣味だったり、自分が出来る事したい事を集めたのが【アレコレLOG】です。

【ダブルアウトアレンジ】171からの上がり目を出すアレンジ(最低ノルマという考え方)

この記事をシェアする

171〜のアレンジについて最低いくつの数字を打って【上がり目】を出さなければいけないか、そこにテーマを絞って説明していきます。


自らチャンスを無くす事が無いように【最低ノルマを理解する事】は、アレンジを考える上で重要な事になります。

以前の記事でも書きましたが上がり目である170以下の数字であっても、回避しなければならない数字があります。

www.hanamako.com



こちらの記事に、今回も登場するアレンジに関する数字が分かり易くまとめられていますので読んで下さい。

それでは171以上の数字で1ラウンドでも早く上がり目を出し、フィニッシュにトライする方法について考えていきます。
(S=シングル T=トリプル SB=シングルブル DB=ダブルブル)

f:id:hanamako1y:20180904053434j:plain

 

 

171〜218のアレンジ


218以下についてはS20に3本入れれば158以下になり、上がり目になります。
なのでS20に3本が最低ノルマです。


T20に入ればさらに小さな数字の上がり目を出す事ができるし、19等を使って数字を整え好みのアレンジに持っていく事も可能です。

219〜235のアレンジ


219以上のアレンジでは最低ノルマをクリアする為に、回避しなければならない数字が出てきます。


それは159〜170までの上がり目では無い数字
【159.162.163.165.166.168.169】です。
一桁目を 0.1.4.7に合わせる必要が出てきます。

【219残りの場合】
S20に3本入れると残り159になり上がり目が消失します。
S20(残199)→S20(残179)→S19(残160)
こうすると上がり目の160になります。
要するにS20が2本とS19が1本(計59)で残り160と言うのが、最低ノルマになります。
S20に2本、SBに1本(計65)で残り154にする手もあります。

【220残りの場合】
S20に3本(計60)で残り160

【221残りの場合】
S20に3本(計60)で残り161

【222残りの場合】
S20に1本、S19に2本(計58)で残り164
S20に2本、SBに1本(計65)で残り157

【223残りの場合】
S20に2本、S19に1本(計59)で残り164
S20に2本、SBに1本(計65)で残り158

【224残りの場合】
S20に3本(計60)で残り164

【225残りの場合】
S20に1本、S19に2本(計58)で残り167
S20に2本、SBに1本(計65)で残り160

【226残りの場合】
S20に2本、S19に1本(計59)で残り167
S20に2本、SBに1本(計65)で残り161

【227残りの場合】
S20に3本(計60)で残り167

【228残りの場合】
S20に1本、S19に2本(計58)で残り170
S20に1本、S19に1本、SBに1本(計64)で残り164

【229残りの場合】
S20に2本、S19に1本(計59)で残り170
S20に2本、SBに1本(計65)で残り164

【230残りの場合】
S20に3本(計60)で残り170
S19に2本、SBに1本(計63)で残り167

【231残りの場合】
S20に1本、S19に1本、SBに1本(計64)で残り167

【232残りの場合】
S20に2本、SBに1本(計65)で残り167

【233残りの場合】
S19に2本、SBに1本(計63)で残り170

【234残りの場合】
S20に1本、S19に1本、SBに1本(計64)で残り170

【235残りの場合】
S20に2本、SBに1本(計65)で残り170

なんとなく最低ノルマへのアレンジパターンが、読み取れますよね。
これを理解しないと、上がり目を出す為にもう1ラウンド必要になってしまう恐れがあります。

当然トリプルを狙っていきますが、外してシングルに入ってしまった時を想定して投げる必要性がある事を、理解出来たと思います。

236〜240のアレンジ


上がり目を出す手段に、シングル+SBを2本という手があります。
この場合も1本目はトリプルを狙い、外れてシングルに入ったらSBを2本という選択肢が現れるという認識です。

また236からSBを使わない場合には、必ず1本トリプルかダブルに入れる必要があります。


2本残りの時は、「2本で4カウント入れて、上がり目を出す」という考えも必要です。
この考えは、さらに大きな数字をアレンジする時にも役に立ちます。

【236残りの場合】
S19に1本、SBに2本(計69)で167
2本残→S20とT20の4カウント(計80)で156

【237残りの場合】
S20に1本、SBに2本(計70)で167
2本残→S20とT20の4カウント(計80)で157

【238残りの場合】
S18に1本、SBに2本(計68)で170
2本残→S20とT20の4カウント(計80)で158

【239残りの場合】
S19に1本、SBに2本(計69)で170
2本残→S18とT18の4カウント(計72)で167

【240残りの場合】
S20に1本、SBに2本(計70)で170
2本残→S20とT20の4カウント(計80)で160

ここまでは大きなシングルとシングルブルの組み合わせだけで、上がり目を出す事が可能です。

241〜258のアレンジ


241からのアレンジは、245のSBを3本(計75で残170)以外はトリプルを絡める必要があります。
258までは基本20の5カウント(計100)を狙う事になります。

最低ノルマの点数が上がり難易度が高くなってきました。

259〜のアレンジ


259からのアレンジは、20の5カウントだと上がり目を消失する数字が出てきます。
最低ノルマを達成する為に
・4カウント+調整の1本
・4カウント+SB
この辺りの数字も駆使して、アレンジを考えてみて下さい。

259からのアレンジを理解すると、300以上のアレンジが見えてきます。
最低ノルマを理解し考え方上がり目までの最短ルートを作れるように、頑張りましょう!!

以上、「【ダブルアウトアレンジ】171からの上がり目を出すアレンジ(最低ノルマという考え方)」でした。