アレコレ LOG

ちょっとした立寄り情報だったり、どっぷりハマってる趣味だったり、自分が出来る事したい事を集めたのが【アレコレLOG】です。

丸瀬布観光【北海道丸瀬布昆虫生態館】偶然見つけたショウ(哀川翔)ウォーター

この記事をシェアする

カブト虫を見学しに行くと、突然目に入ってきたアニキグッズ!
グッズの存在感がすごい事になっています。


【哀川 翔】さんに関係のあるこの場所はカブトムシとクワガタムシ、自然と昆虫をテーマとした丸瀬布(まるせっぷ)昆虫生態館です。

山奥にある丸瀬布昆虫生態館

山奥にある丸瀬布昆虫生態館



哀川翔さんの【アニキの森】


建物に入り1番最初に目につく、ひらけた一等地にアニキの場所があります。

哀川翔さんの昆虫展示コーナー

哀川翔さんの昆虫展示コーナー
ドーン!! 哀川 翔「アニキの森」

ここは北海道の丸瀬布(まるせっぷ)町にある、丸瀬布昆虫生態館です。
【哀川 翔】さんは、自らが育てているカブトムシやクワガタムシを、この施設に寄贈しています。
たまに本人自ら丸瀬布昆虫生態館に訪れる事でも有名です。

アニキの森は【哀川 翔】さんから引き継いだ、珍しい種類のカブトムシやクワガタムシを飼育していて生きている状態で観察できます。



基本ゼブラーマン推し?


施設内の【哀川 翔】さんに関わる場所は、一目で分かるようになっています。

f:id:hanamako1y:20180904085332j:plain


ゼブラ柄!!

昆虫の施設ですが、なぜかゼブラーマンの臭いがプンプンします(笑)




アニキグッズ   「こっ、これは!!」


アニキの森とは違う場所に設けられた、アニキグッズコーナー。

そこにはお馴染みの【アニキセット】

カブトムシの飼育に必要なアイテムのセット

カブトムシの飼育に必要なアイテムのセット

そしてカブトムシ世界記録を樹立した、プレミアムな昆虫マット。

 

その名も【ギネスマット!!】
 
カブトムシの成虫の大きさは、幼虫の時の大きさで決まります。

カブトムシの幼虫の餌として最高です

カブトムシの幼虫の餌として最高です

そして【ショウ ウォーター!!】

ショウウォーター

ショウウォーター


ん? SHOW WATER⁉︎

哀川翔さん!!

哀川翔さん!!

アニキの昆虫グッズコーナーの流れで、【ショウ ウォーター】!!

まさか昆虫マットの保水液???
軽くパニックになり、店員さんに

「これ、人間用ですか?」

と聞いたら軽く苦笑されました。




アニキの味【ショウウォーター】


ショウウォーターは、もちろん人間用です。
置いてる場所に悪意を感じますが(笑)
飲むと・・・

まろやか〜

実はあまり馴染みはないですが、【ルーツクロレラ天然温泉水】をボトリングしています。
哀川 翔さんらしい、こだわりの製品です。

なんと、こちらで通信販売されています。

showaikawa.shop-pro.jp






丸瀬布昆虫生態館


ここ丸瀬布昆虫生態館は、標本ではなく生きた昆虫を数多く観察できる、全国でも珍しい施設になっています。
 
特に世界中のカブトムシとクワガタムシの、生きた状態での展示数は日本一と言われるほどです。

【施設情報】
・住所 〒099-0213 北海道紋別郡遠軽町丸瀬布上武利68
・電話番号 0158-47-3927
・開館時間 4~10月 AM9:00~PM5:00
11~3月 AM10:00~PM4:00
・入館料 大人400円 小中高生150円 幼児無料
・公式サイト  えんがる町観光協会 丸瀬布昆虫生態館



以上、「丸瀬布観光【北海道丸瀬布昆虫生態館】偶然見つけたショウ(哀川翔)ウォーター」でした。