アレコレ LOG

ちょっとした立寄り情報だったり、どっぷりハマってる趣味だったり、自分が出来る事したい事を集めたのが【アレコレLOG】です。

停電時に役に立つ国産車一覧!! 発電機としてのハイブリッド車の選択

この記事をシェアする

北海道の大規模停電も一部の地域を除いて復旧し、いろんな人の停電時の生活方法を聞き、身近にいる人達が電気の無い中どのように生活していたか分かってきました。

 

私の生活する場所は、断水にはならずライフラインで断たれていたのは電気だけです。

 

そのような中で、「普段に近い生活を送れた」と言う人達がいます。

 

まずは【キャンピングカー】を所有している人。

電子レンジも冷蔵庫も使えるので、キャンピングカー内で普段の週末旅行と変わらない生活をしてたそうです。

ここまで環境が整っていれば、普通に生活出来るというのは容易に想像できますよね。

 

そしてもう少し身近な、【ハイブリッド車】を所有している人達。

停電が長く続くにつれて、「ハイブリッド車を購入していて良かった。延長コードを使って家電が使えた!」と言う事を話してくれました。

 

という事で、2018年9月現在で販売している国産車の中で、交流100V・1500W のコンセントを装備出来るクルマについて、調べてみました。

f:id:hanamako1y:20180914093504j:plain

 

 

 

 

電圧100V・1500Wに対応したコンセントを装備できる車種

 

車種やグレードによりますが、多くのハイブリッド車が大容量のコンセントを装備できます。

 

標準装備やメーカーオプションだったりしますが、停電時の事を考えると是非装備しておきたい!!

 

ハイブリッド車に装備可能なコンセントが1500Wに対応しているのが強みで、延長コード(1500Wに対応した物)を使って自宅に引き込めば、多くの種類の家電製品が使用できます。

 

【100V・1500Wのコンセント装備可能車種】

 

トヨタ

toyota.jp

 

アルファード  HYBRID

ヴェルファイア  HYBRID

エスクァイア  HYBRID

エスティマ  HYBRID

ヴォクシー  HYBRID

・ノア  HYBRID

カローラスポーツ  HYBRID

・カムリ  HYBRID

・クラウン  HYBRID

・ハリヤー  HYBRID

プリウス

プリウス  PHV

プリウス α

C-HR

 

 

レクサス

lexus.jp

 

・CT200h

・NX300h

・LS500h

 

 

ニッサン

www.nissan.co.jp

 

・e-NV200

 

 

ホンダ

www.honda.co.jp

 

・オデッセイ  HYBRID

・ステップワゴン  HYBRID

 

 

ミツビシ

www.mitsubishi-motors.co.jp

 

アウトランダー  PHEV

 

 

こうしてピックアップすると、トヨタ車の多さに驚きました!!

災害時の事を考えると、ランドクルーザーなどの本格的なRV車にも大容量コンセントを装備してほしいものです。

 

 

ハイブリッド車とガソリン発電機との比較

 

 知り合いの建設関係の人達が使っていたのが、ガソリン発電機です。

普段から使っている人には身近な発電機ですが、使った事がない人がいきなり使用するには予習が必要です。


・ガソリンの管理

(ガソリン発電機の場合)

ガソリンの保管や使用については、正しい知識が必要です。

また、ガソリン携行缶に保管していても劣化は避けられないので、計画的に使用しなくてはいけません。

 

また発電機への給油の際も、ガソリンは揮発性が高く引火もしやすいので注意が必要です。

 

(ハイブリッド車の場合)

ハイブリッド車なら、ガソリンスタンドで給油して普段使用して消費していれば、ガソリンの劣化の心配もありませんし、残量がそのまま備蓄として扱えます。

 

 

・使用方法

(ガソリン発電機の場合)

エンジンオイルを給油(購入時)→ガソリンを給油→燃料コックON→エンジンスイッチON→チョークレバーを始動に→スターターロープを引きエンジン始動→回転が安定したらチョークレバーを運転に→コンセントを挿す→発電機の電源スイッチON

 

停電時にいきなりやって下さいと言われたら、出来ますか?

 

(ハイブリッド車の場合)

エンジンスタート→コンセントを挿す

 

 

・保管について

(ガソリン発電機の場合)

自分でエンジンオイルの管理や、残ったガソリンの管理が必要です。

使用出来るよう、エンジンのメンテナンスを定期的に行う必要があります。

長期間使用しないのであれば、発電機内部のガソリンも全て抜く必要があります。

 

(ハイブリッド車)

日常使うので、保管の事は考えなくても良い。

 

ガソリン発電機について、取り扱い全般が分かりやすく説明されているサイトを見つけました。

www.honda.co.jp

  

発電機については、普段仕事やアウトドアで使う人でなければ、果たして災害時に正しく使用出来るか自信の無い人もいると思います。

 

ガソリンについても、正しく取り扱わなければ火災の危険があります。

 

ハイブリッド車であれば、難しい事を考える必要も無く、普段は通勤やレジャーに使っていれば良いのです。

 

 

1500Wで使える家電製品

 

日時生活でよく使う家電製品の、だいたいのW数(消費電力)です。

 

電子レンジ1000〜1400W

・オーブントースター1000〜1300W

・ホットプレート1000〜1300W

・炊飯器500〜1300W

・電気ポット1000〜1300W

・冷蔵庫100〜300W

・洗濯機500〜900W

・掃除機 500〜1000W

・ドライヤー600〜1200W

 

ご覧の通り1500W まで使用出来るコンセントであれば、単独使用ならどの家電製品も使用できます。

 

2つ以上の家電製品の同時使用については、消費電力をよく確認して組み合わせを考えて使用しなくてはいけません。

※御自宅の家電製品のW数(消費電力)は、1度確認しておきましょう。

 

 

ハイブリッド以外のクルマのコンセントについて

 

ハイブリッド車以外のクルマでも、オプションで車内に電源を付けれる車種があります。

USB電源か100V100W程度のコンセントなので、使える家電製品はかなり限定的にはなりますが、あれば便利です。


私のクルマにも装備されていて充電式の電池の充電や、スマホの充電等に使用しました。

 f:id:hanamako1y:20180914143433j:plain

USB電源については、最近車内に標準で装備する車種が増えてきました。

スマホの充電が出来るだけでも、本当に助かります。

 

クルマの直流12Vから、交流100Vに変換するインバータを、カー用品店で購入するのも停電対策の1つの手段です。

その際は、交流100Vの【正弦波】を出力できるインバータを選べば大体の家電製品が使用できます。

 

クルマのバッテリーに直接つなぐタイプなら、300Wまで対応しているインバータが販売されています。

冷蔵庫なら「ギリギリ使用出来る」と言ったところです。

 

 

長期間停電を経験して思う事

 

地震による停電を経験して、いかに普段なにも意識もせずに電気を使用していたかを痛感しました。

 

www.hanamako.com

 

ハイブリッド車を発電機として利用出来る人も、自宅の立地条件によります。

 

マンションに住んでいる方や、契約駐車場に停めている方は他の方法を検討しなければなりません。

 

しかし普段からクルマを利用しているのならば、新たにクルマを購入する時に【100V・1500W のコンセントを装備出来る】という条件を付け加えても良いと思います。

 

いつどこで起こるか分からない災害。

その災害への対応は、「普段の生活に自然に組み込んでおくと焦る事はない。」そう私は考えています。