アレコレ LOG

ちょっとした立寄り情報だったり、どっぷりハマってる趣味だったり、自分が出来る事したい事を集めたのが【アレコレLOG】です。

札幌路面電車【札幌市電Navi】を活用する新型車両「ポラリス」に乗る方法

この記事をシェアする

札幌路面電車は2種類の車両で運行されているのはご存知でしょうか。

ひとつは昔ながらのレトロな可愛い路面電車。

昔からあるレトロな路面電車

昔からあるレトロな路面電車

もうひとつは低床のノンステップでみんなに優しい、近未来的なデザインの新型車両「ポラリス」

乗り降りが楽な低床新型車両のポラリス

乗り降りが楽な低床新型車両のポラリス

札幌に観光に来たら、どちらの路面電車にも乗りたいですよね。

とくに低床新型車両の「ポラリス」は内回り1台、外回り1台しか走っていないので、なかなかタイミングが合わず乗ることが出来ません。

そんな時は【札幌市電Navi】を活用すると、路面電車の車両を選択して乗るのが容易になります。

 

 

 

現在の札幌路面電車

札幌市内を移動するのに、札幌路面電車(市電)は大変便利です。

スピードもゆっくりで、札幌市内の景色を見ながらの移動は観光にもうってつけの移動手段。

2015年にループ化の工事が終わり、利便性はかなり向上しました。

札幌市民からは市電(しでん)と呼ばれています。

 

 

札幌市電Navi

【札幌市電Navi】はネットに接続出来ればいつでも見れます。アプリではなく札幌市交通局が管理しているサイトです。

 

↓札幌市電Navi↓

http://www.streetcar.city.sapporo.jp/Densha/SMART/Menu.aspx

 

サイト内の路面電車運行状況を確認すると、各路面電車がどの辺りにいるかを確認する事が出来ます。

また時刻表をみれば、各停留所に何時何分に定床車両の「ポラリス」が来るか分かるので、乗りたい路面電車を狙って乗車できます。

観光に来た人には路面電車に乗ることも楽しみの一つになるので、札幌市内Naviを活用してみて下さい。

 

 

停留場には見やすい運行情報モニター

ありがたい事に札幌市電Naviと同じ情報が、路面電車の各駅にもモニターされています。

f:id:hanamako1y:20181024123255j:plain

低床車両と通常車両が、今どこにいるかもリアルタイムで確認できます。

このように運行情報がリアルタイムで表示してあると、ストレスを感じる事もなく路面電車を待つ事ができます。

 

さらにバスの停留所の時刻表とは違い、路面電車の運行情報モニターには路線図が表示されているので「外回り、内回り」のどちらに乗ると目的地に早く着けるか、初めて札幌に来た人にとって判断しやすいです。

また丁寧に最寄の地下鉄への乗り継ぎ駅も表示されていて、さらに徒歩で何分かかるかまでモニターで確認できます。

 

停留所にここまで表示されていると、観光客にとっても分かりやすく安心して路面電車を利用する事ができます。

 

札幌市電Naviと停留所の運行情報モニターを上手く活用して、路面電車での観光を楽しんで下さい。

 

【 札幌市電運賃】

大人200円

こども100円

Suica等のICカードも使えます。

 

↓低床新型車両ポラリスの紹介ページ↓ 

低床車両「ポラリス」について/札幌市交通局