アレコレ LOG

ちょっとした立寄り情報だったり、どっぷりハマってる趣味だったり、自分が出来る事したい事を集めたのが【アレコレLOG】です。

【ダーツの靴選び】足型測定で自分の足の状態とバランスの弱点を知ろう

この記事をシェアする

私には部活でバスケットをしている娘がいるのですが、去年は足首の怪我に悩まされ、病院で足首のサポーターの使用を勧められたり、靴のサイズの見直しを勧められました。

もともと靴のサイズに関してはスポーツ店の店員さんに相談してたのですが、最近では足型計測器を備える店舗が増えました。

 

初めて計測器で足型測定をした結果、さまざまな事がわかりました。

これはダーツの靴選びにも、スタンスの見直しにも使えそうです。

f:id:hanamako1y:20190109113110j:plain


 

  

足型測定の計測方法 

足型測定自体は計測器に乗るだけですが、その前にヒヤリングが行われ現時点での靴に対する悩みや、どのような性能を求めているか店の担当者(スポーツナビゲーター)に伝えます。

今回スーパースポーツゼビオで足型計測をしたのですが、詳しい説明サイトがあります。

ゼビオの無料足型測定| the Super sports XEBIO ( スーパースポーツゼビオ、ゼビオスポーツ) Official Website

 

娘の足型測定の結果は【ハイアーチ型】

左右の向きの運動エネルギーに対して、不安定になりやすいようです。

加えて足圧のかかり方から、身体の前側にかかる荷重に対しては耐えることが出来るが、後ろ側にかかる荷重に対しては弱い事も判明。

f:id:hanamako1y:20190109104259j:plain

 

足型測定の結果をみて、肩コリになりやすい人や腰痛、膝痛になりやすい人なども分かるようです。

 

 

靴選びとインソール

足型測定の結果を踏まえてスポーツナビゲーターと靴選び。

これはもうスポーツナビゲーターにお任せで、靴だけでは補えない部分はインソールで対応。

娘的にも満足出来るフィッティングだったようで、部活での足元の安心感はかなり向上したようです。

やはりスポーツには、自分に合った靴選びは重要です。

しかも今は感覚だけに頼らず、計測データを元に足型を分析する事が身近になりました。

 

 

足型測定はダーツの靴選びとスタンスにも応用できそう

娘の足型測定からシューズのフィッティングまでの一連の流れを見ていると、次回の自分のダーツシューズ選びには、是非とも足型測定を活用したいと思いました。

足型測定を行うことで自分の足の状態を知り、その上でダーツシューズ選びをする事で更なる安定感を手に入れる。そしてバランスの弱点を知る事は、スタンスを考える事に役立ちそうです。

 

ダーツシューズを選ぶ時には、足型測定を活用するのも1つの方法です。

みなさんの身近に足型測定を出来る場所があるなら、活用してみてはいかがでしょうか。