アレコレ LOG

ちょっとした立寄り情報だったり、どっぷりハマってる趣味だったり、自分が出来る事したい事を集めたのが【アレコレLOG】です。

ダーツを抜いて戻る時に【振り向き方】を決めてるひとーーー!!

この記事をシェアする

他人のダーツの試合を観戦していて気になった、ダーツを抜いて戻る時の【振り向き方】

なかには気にしていない人も居るかもしれませんが、これは意外と皆さん拘りがありそうです。

理由は後で書きますが、私も振り向き方はしっかりと決めています。

f:id:hanamako1y:20190122135705j:plain

 

 

 

振り向き方の各タイプについて

試合を観戦しているとダーツを抜いた後の【振り向き方】には、大まかに3タイプある事がわかりました。

 

  1. 毎回振り向き方が違う適当タイプ
  2. ダーツを抜いた時と、スローラインの後ろでの振り向き方が同じ方向タイプ
  3. ダーツを抜いた時と、スローラインの後ろでの振り向き方が逆方向タイプ

 

ダーツを抜いた後の振り向き方については、普段からの練習の癖がでているのだと思います。プロトーナメントでは2.が多く、3.は少数で1.については見かけませんでした。

  

 

振り向き方のタイプ別の解説

「1.毎回振り向き方が違う適当タイプ」

このタイプは、ネカフェなどで初心者が投げている時によく見る振り向き方です。

ダーツを抜く手が右手だったり左手だったり、投げるたびに違ったりするのも振り向き方に影響しているかもしれません。

 

「2.ダーツを抜いた時と、スローラインの後ろでの振り向き方が同じ方向タイプ」

例えばダーツを抜いた時に回れ右方向に振り向き、スローラインの後ろで振り向く時も回れ右方向に振り向く。

このように【同じ方向に2回】振り向く人の事を指します。

1番多い振り向き方で、最近BDOで優勝した【鈴木未来選手】や多くのプロダーツ選手の振り向き方がこのタイプです。

 

「3.ダーツを抜いた時と、スローラインの後ろでの振り向き方が逆方向タイプ」

例えばダーツ抜いた時に回れ右方向に振り向き、スローラインの後ろで振り向く時は回れ左方向に振り向く。

このようにダーツを抜いて戻る時、【振り向く方向が変わる】人の事を指します。

このタイプは少数ですが、PDCでも活躍した【浅田斉吾選手】や私の地元北海道だと【森 勇樹選手】がこのタイプです。

ついでに私も(笑)

 

 

なぜ私が3.のタイプの振り向き方なのか

トッププレイヤーの皆さんは、何かしらの拘りがあっての振り向き方かも知れませんが、私の場合は単純明快な理由があります。

 

その理由とは・・・

 

同じ方向で振り向き続けると

目がまわって気持ち悪くなるから!!

油断していると、ダーツどころではなくなります。

 

私はマリオカートでも酔ってしまうタイプの人なので、同じ方向に振り向き続けるのは体調不良の原因。何年もダーツを続けているけど、振り向き方だけは気をつけないといろいろ後悔する事になります。

トッププレイヤーの皆さんも、同じ理由なら面白いんですけどね。

正直目がまわらない人が羨ましいです。