アレコレ LOG

ちょっとした立寄り情報だったり、どっぷりハマってる趣味だったり、自分が出来る事したい事を集めたのが【アレコレLOG】です。

自転車のヘッドライト ブラケットで手持ちのレッドレンザーのLEDライトを取り付け

この記事をシェアする

夜間に走行するのに必要な、自転車のヘッドライト。

普段アウトドアで使用しているお気に入りのLEDライトがあったので、それを有効利用する事にしました。

f:id:hanamako1y:20190811194201j:plain

LEDライトを取り付けるブラケット

レッドレンザーのLEDライト用のブラケットを購入。ハンドルバーに違和感なくフィトします。

f:id:hanamako1y:20190812160515j:plain

LEDライトのブラケットを取り付け

そこに取り付けたのは、レッドレンザーのT7Mというモデル。

光束は400lmなのでかなり明るく、今までもクワガタ採集やキャンプに大活躍していたLEDライトです。

ちなみにT7Mの防水性能はIPX4。生活防水相当なので水中は無理ですが、雨くらいは大丈夫でしょう。

f:id:hanamako1y:20190812162422j:plain

無骨なデザイン、レッドレンザーLEDライトT7M

この感じがRITEWAYのグレイシアにはピッタリ!!(超自己満足)

自転車用のヘッドライトは流線型のデザインが多く、私の好みではありません。

完全にデザイン優先で取り付けましたが、ブラケットのゴムバンドを外すとLEDライトだけを持ち歩けるし、使い勝手は良いです。

 

キャンプ場でヘッドライトが照らす感じを、写真に撮ってみました。

f:id:hanamako1y:20190812163735j:plain

T7Mで照らすとこんな感じ

写真だと明るさが伝わりにくいですね・・・

実際にはかなり明るく、下の方に向けていないと対向車に迷惑になるレベルです。

これでナイトランも安心。

当たり前の装備ですが、気に入った物を取り付けると気分も上がりますね!!