アレコレ LOG

ちょっとした立寄り情報だったり、どっぷりハマってる趣味だったり、自分が出来る事したい事を集めたのが【アレコレLOG】です。

1万円台のインクラインベンチは使えない? リーディングエッジインクラインベンチ使用感レビュー

この記事をシェアする

最近フィットネスブームなのか、ジムに通う人が多くなってきています。

賑やかになりモチベーションも上がるのですが、しかし・・・

フリーウエストエリアがやたら混んで、非常にやりにくくなってしまったという問題が。

どうしても混む時間に行くので、仕方がないと言えばそれまでなのですが。

 

という事で自宅でも質の良いトレーニングが出来るよう、買ってしまいましたよインクラインベンチ!!

 

f:id:hanamako1y:20191230112008j:plain

LEADING EDGE (インクラインベンチ)

 

購入したのはリーディングエッジのインクラインベンチ。

 2ヶ月ほど使用したので、レビューします。

 

リーディングエッジ インクラインベンチの良い点

  • シートの幅が実測27cmで、腕の動きを邪魔せず安定する
  • 足側のベースフレーム幅がシート幅とほぼ同じで、足の邪魔にならない
  • シートクッションに張りがあり、硬め
  • 支持構造に工夫があり、特に水平状態の剛性に優れる
  • 重量が軽く、室内の移設が楽(約18kg)
  • 背面シートと座面シートの角度調整が簡単
  • デクラインポジションも可変出来る
  • ほぼ完成状態で送られてくる(工具入りで頭側のベースフレームを固定するのみ)

 

ぶっちゃけ、ヘタっているようなスポーツジムのシートより、全然使用感は良い。

そして他人の汗が気になる事がない!!(笑)

 

私がスポーツジムで扱う重量は、ベンチプレスで自分の体重と同じくらい。

ダンベルプレスになると20kg×2が、自分にとってサポートがなくても危険がなく扱える範囲になります。

まあ、初心者レベルですね。

そのくらいの低重量ではリーディングエッジのインクラインベンチは、勿論ビクともせず、剛性感たっぷりで安心できます。(耐荷重は300kg)

 

 

リーディングエッジ インクラインベンチのイマイチな点

  • 重量が軽いため、背面シートをかなり起して行う種目の一部で安定感に欠ける
  • 背面シートの角度設定は、もう少し多くあっても良い

 

インクラインベンチの重量が軽いのは移設するのには良いのですが、トレーニングの種目によっては、座面シート側のフレームが浮き上がりそうになる事があります。

フレームに、ウエイトを取り付けられるような工夫などがあってもよいと思いました。

 

 

オススメかどうか

トレーニングにサポートが必要になるような、自分にとってギリギリの高重量は扱いません。(今のところダンベル20kg×2が限界)

もちろんその程度の重量では、リーディングエッジのインクラインベンチはびくともしません。

まだまだ負荷をかけても大丈夫そうです。

 

インクラインベンチとダンベルがあれば、数多くの種目が出来、全身を鍛える事が出来ます。

私が今年に入って運動強度を上げた目的は、年齢と共に下がってきている基礎代謝を上げるため。

一般の人が扱う重量であれば、リーディングエッジのインクラインベンチは充分な性能を持っています。

 

なので間違いなくオススメ!!