アレコレ LOG

ちょっとした立寄り情報だったり、どっぷりハマってる趣味だったり、自分が出来る事したい事を集めたのが【アレコレLOG】です。

樹氷を見た事ありますか?極寒の地で見る美しい景色

この記事をシェアする

北海道では、スキー場に行くと樹木に雪が付着して、真っ白な森を横目に滑る事ができますが、あれはだいたい着雪で樹氷とは違います。

着雪は、湿り気のある雪が樹木に付着する現象でかなり幻想的な感じに見えますが、重くなった枝が折れたりして高圧電線を切ってしまい、停電の原因にもなっています。

 

 

樹氷とは何か、出来る条件

 

それは、気温がおよそ氷点下5℃以下の過冷却の水蒸気が樹枝に付着して凍り着いたものです。
気泡をふくむので白く半透明な状態で、たいへん脆く手で触ったり強風が吹くと、崩れ落ちてしまいます。

この現象は、大気に水分が多い状態で気温が下がらないと起こりません。
北海道の冬の空気はたいへん乾燥していますので、滅多に見る事は出来ません。
しかし、比較的高い確率で樹氷を見る事が出来る場所が身近にあります。

それは、河川沿いです。
川面も凍結しますが、なかなか全面は凍結しません。
割目の水面から常に水蒸気が出ています(寒い日は、湯気みたいに大量の水蒸気が上がるのを見る事ができます)
天気が良くて風が無く、放射冷却で冷え込む風の無い朝は、まさに樹氷を見る絶好のチャンス!!

f:id:hanamako1y:20180905153933j:plain

 

 

透き通る白さが朝日で輝く樹氷

 

ちなみに、この写真を撮った朝はマイナス15℃でした。

朝日に照らされた樹氷は、白くキラキラしていて本当に幻想的に見えますよ。
寒さを忘れてしばらく見入ってしまうほど、美しい景色になります。
日が昇り、暖かくなっても樹氷が落ちてしまうので、朝の1番寒い時間に見るのがオススメです。

温泉施設が多く観光客も行きやすい、北海道の湖の周囲では真冬に樹氷を見れない場所が多いです。
なぜなら、全面結氷してしまうので、普通の平地と条件が同じになってしまうからです。
朝、部屋から樹氷を見たいなら、川沿いの宿泊施設に泊まる事をオススメします。

以上、「樹氷を見た事ありますか?極寒の地で見る美しい景色」でした。