アレコレ LOG

ちょっとした立寄り情報だったり、どっぷりハマってる趣味だったり、自分が出来る事したい事を集めたのが【アレコレLOG】です。

毛布の正しい使い方を試した結果(想像以上の暖かさ)

この記事をシェアする

先日車でラジオを聴いていたら、ふと耳に入ってきた毛布の使い方のお話。

「え!?ウソでしょ!!」

何気なく、当たり前に冬に使っていた毛布の使い方。
完全に間違えてました(笑)

f:id:hanamako1y:20180905153633j:plain

 

 


毛布の正しい使い方

 

多くの人が身体の上に毛布、1番上に羽毛布団の順でかけていると思いますが保温効果が薄いとの事。
毛布のかける位置で、暖かさが変わると言うのです。

 

1.羽毛布団の上に毛布をかける

身体の上に羽毛布団をかけて、羽毛布団の上に毛布をかけるスタイルです。
そもそも羽毛布団は、身体の上に直接かける事で膨らみ、保温効果を発揮するとの事。
羽毛布団の有効な使い方も知らなかった。

 

 

2.身体の下に毛布を敷く

毛布を身体の上ではなく、身体の下に敷くスタイル。
敷布団を通して下に逃げている熱を、毛布で遮断して保温するというもの。
羽毛布団の上に毛布をかけるより、さらに温かさが増します。

 

 

3.羽毛布団の上に毛布、身体の下にも毛布を敷く

1.と2.を同時に行うので、暖かいのは想像できます。

これも試しましたが、部屋がよほど寒くないと暖かすぎて汗ばんでしまいます。

 

 

羽毛布団の上に毛布をかけて気が付いた点

 

羽根布団を身体に直接かけると、首回りと肩周りにどうしても隙間ができて寒いので、タオルケットは必須です。

肌触りも良いので、快適に睡眠できます。
暖かさは、文句なしに良くなります。
タオルケットがあるおかげで、洗濯するのが楽なので、いつも清潔に使えます。

 

身体の下に毛布を敷いて気が付いた点

 

背中がポカポカするのでとても気持ちが良いです。
身体の上にかける布団はタオルケットと羽根布団なので、軽くて寝心地が良くなります。

身体の上が軽いので、寝返りしやすいのがメリット。


こちらも毛布に直接寝るのではなく、シーツを敷きました。やはり清潔でサラッとした肌触りは良いですね。

 

羽毛布団の上と身体の下に毛布を使い気が付いた点

 

まさに最強の組み合わせです。
正直暑くて夜中にパジャマを脱ぎました。
寒がりの方は冬場はこれで間違いないと思います。



アウトドアのレイヤードの考え方と同じ

 

アウトドアのレイヤード(重ね着)の方法と同じ理論です

アウトドアのレイヤード

汗を吸い取る肌着→中間着として暖かい空気層を作るダウンジャケット→暖かい空気を逃がさない防風のアウタージャケット


毛布の正しい使用方法

汗吸い取る吸湿性のあるタオルケット→暖かい空気層を作る羽毛布団→暖かい空気を逃がさない毛布


今ある毛布を活用しましょう

 

毎日の疲れを取るために、睡眠は大事な働きをしています。
夜中に寒さを感じて目が覚めるのは、質の良い睡眠とは言えません。
とくに何かを買う訳ではなく、今ある寝具の工夫で快適を手に入れる事ができる、毛布の正しい使用方法。
ぜひみなさんも自宅で試してみて下さい。

>>参考サイト 眠りラボ

nemuri-lab.jp


以上、「毛布の正しい使い方を試した結果(想像以上の暖かさ)」でした。