アレコレ LOG

ちょっとした立寄り情報だったり、どっぷりハマってる趣味だったり、自分が出来る事したい事を集めたのが【アレコレLOG】です。

【ダーツ用の靴選び】決め方と注意点

この記事をシェアする

私はダーツを投げる時に足の裏の感覚をとても大事にしているので、靴選びはバレル選びに並ぶほど重要です。

他のスポーツだと各メーカーから、競技に合わせ専用に設計されたスポーツシューズが販売されています。

しかしダーツ用のシューズは、2018年にはとくに販売されていません。

まだまだダーツの市場が大きくならないと、各スポーツメーカーは動きそうにないです。

 

ダーツの靴選びに関しては、悩みを持つ人が多いです。

 

 f:id:hanamako1y:20180918111758j:plain

 

 

自分で必要な性能を決めて探す

 

自分に合った靴を、いちから探さなくてはいけません。
私の今回の靴選びで、自分の投げ方から導き出した条件

・足首を固定しないローカットのシューズ
・ソールは少し厚めでフラット、なおかつ硬め
・インソールもフラットなもの、クッションは硬め

この3つが条件。
練習する時に足元の感覚を気にすると、必要な条件が見つかります。

靴に関しては、投げ方が変わってくると合わなくなってくるのが私の特徴。

 

ダーツ用の靴に求める条件を決めておくと、お店であまり悩まずに済みます。

 

 

靴を探す時の注意点

ちなみに、靴を探すのは午後と決めています。

しかも午前中に自宅で投げて、多少足がむくんだ状態で靴を選ぶ事にしてます。

 

朝と昼とでは、足元の状態が変わってきます。

シビアに靴選びをするなら、この辺りは気にしておくと良いです。

朝一の状態で靴を合わすと、立って過ごす時間が長い大会中に足がむくんで非常に窮屈になります。

 

インナーソールを探す時も同じで、午後にした方が良いです。

 

 

インナーソールを入れ替えるのも有効です

スポーツ用品店に行くと、最近品物の種類が充実しているのがインナーソール。

 

様々な種類をスポーツ用品店で試着する事が可能で、使い心地はメーカーによってかなり違います。

 

ダーツを投げる時だけフィット感を求める人や、お気に入りの靴をカスタマイズしたい時にはベストな選択になります。

 

www.superfeet-jp.com

以前使用していた、インナーソールのメーカーサイトです。

 

インナーソールを使用すると、とくに踵の安定感が増します。

 

靴を変更しても再利用できますが、使用する靴の形状にカットして入れるので、他の靴で使用する時に遊びが出てしまう事があります。

足元が決まるとダーツを気持ちよく投げる事ができます。
皆さんはダーツする時の靴に、こだわりはあるでしょうか。


以上、「【ダーツ用の靴選び】決め方と注意点」でした。