アレコレ LOG

ちょっとした立寄り情報だったり、どっぷりハマってる趣味だったり、自分が出来る事したい事を集めたのが【アレコレLOG】です。

ダーツの大会で頭が真っ白になる人こそ【メモの活用を】

この記事をシェアする

沢山の練習を重ねて大会に向けて準備し、いざ大会当日試合になると頭が真っ白でダーツの飛びはめちゃくちゃ、フォームはガタガタ。

全然珍しい事ではありません!!

緊張して頭の中がパニックになると、普段やってきた事はどこかに吹き飛んでしまいます。

f:id:hanamako1y:20180905132822j:plain

 
 

大会の時にもメモが頼りになります

 
前回書いたメモを練習に活かすお話は、大会の時にも活用できます。

 

www.hanamako.com

 

やり方は簡単、普段のベストな状態を箇条書きで分かりやすくメモに書いてしまうと言うもの。

・自分のスタンス
・ルーティーン
・狙い方
・ダーツを飛ばす時に気を付けている事

これくらいなら緊張している時でも頭に入ってくると思うので、出来るだけ具体的に尚かつ簡単にメモしておきます。
 
緊張してしまうと、物事を整理して考えられなくなります。
自分の言葉で整理したメモは、そんな時こそ頼りになります。

試合前に目を通すだけで、意識がメモに行き頭が整理されるので多少は落ち着きを取り戻せるはず。

また頭が真っ白でも文字情報が目から入るので、自分の投げ方を呼び起こすのに役に立ちます。



実際どのようにメモを活用しているか

 
ここ数年、大会に向けてのメモの使い方はこんな感じです。

1.大会10日前には、絶対に気を付けたいダーツを飛ばすポイントや意識する事を1〜2個決めてメモ
2.練習であまり余計な事はしないで、メモした項目を注意して練習
3.大会当日の朝は、メモを見てイメージトレーニン

これが私の大会に向けての、メモを活用したルーティーンです。
毎回必ずスマホでメモしていますが、これだけで大会でも自分がする事に迷う事なくキッチリと投げる事が出来ています。

メモを書いて見て確認する事で、緊張している時でも物事が整理出来たり普段の自分を取り戻せたりするので、緊張で頭が真っ白になる人こそやってみて下さい。

もちろん大会で試合をすると新たな発見がたくさん出てくるので、そこでもメモを取り後から情報を整理できるようにしています。

いし、「ダーツ大会で頭が真っ白になってしまう[あなた]へ」でした。