アレコレ LOG

ちょっとした立寄り情報だったり、どっぷりハマってる趣味だったり、自分が出来る事したい事を集めたのが【アレコレLOG】です。

【ダーツのアレンジの考え方】外した時に手詰まりにならないのがコツ

この記事をシェアする

ちょっと気になったので、自分のカードデータを確認してみました。

Phoenixカードで確認した、クリケットで私が投げてトリプルに入る確率は約25%です。
25%というのはブルを狙うのを含めての数値ですが、おそらく純粋にトリプルだけを狙っても30%いくかどうかだと思います。

つまりは1本目にトリプルに入れるアレンジの場合、3割しか成功せず7割は他の数字に入る事になります。

この外した7割も出来るだけアレンジとして成立させるのがコツで、本命の3割を外した時点でフィニッシュに繋がらないアレンジは正しいとは言えません。

ダーツアレンジの覚え方には、押さえておきたいコツがあります。

 

【104からのダブルアウトアレンジ】T20から投げた場合

 


ダブルアウトを例にします。
(T=トリプル、D=ダブル、S=シングル、DB=ダブルブル)
104からのアレンジ、20狙い

T20(残44)→S12(残32)→D16
S20(残84)→T20(残24)→D12

104残りからの、20を狙うパターンです。
1本目にシングル、トリプルどちらでもフィニッシュを狙える良いアレンジにみえます。
しかし、1本目に隣のエリアに入った場合はどうでしょう。

104からのダブルアウトアレンジで1や5に入った場合

T1(残101)→T17(残50)→DB
S1(残103)→フィニッシュ不可能
T5(残89)→T19(残32)→D16
S5(残99)→フィニッシュ不可能

比較的外れた時に入りやすい、S1とS5に入ってしまうと1投目で上がり目が消失します。

これは2本で上がれない数字を理解していると回避できます。
縦ラインに自信のある方は、20を中心にアレンジを組み立てて良いと思います。
 
 

【104からのダブルアウトアレンジ】T16から投げた場合

 
では104残りでT16から狙った場合(外れた時の7と8も含むアレンジ)

T16(残56)→S16(残40)→D20
S16(残88)→T16(残40)→D20
T7(残83)→T17(残32)→D16
S7(残97)→T19(残40)→D20
T8(残80)→T20(残20)→D10
S8(残96)→T20(残36)→D18

T16を中心としてアレンジすると、1投目は周囲全てがアレンジとして成り立ちます。
104残りは16様々ですね(笑)
2投目に失敗する可能性はありますが、ここまで広く狙えれば1投目は自信を持って投げれるはず!!

※104残りについては19を中心としたアレンジもありますが、残るダブルが良い数字ではないのでT16を中心としました。
 

 アレンジの考え方のコツ

 
とにかくアレンジは外れる確率の方が高いので、[外れた時にどう出来るか]が大事なのです。
今回は考え方を伝えたかったので104残りのダブルアウトアレンジを例として使いましたが、他の数字につてもアレンジを考える時は、外れた時に手詰まりにならないように考えるのが基本です。

初心者の方はこれを見ても「頭に入ら〜ん」ってなるかもしれませんが、アレンジを考えるコツがある事だけ覚えておいて下さい。
アレンジ自体は、少しずつ覚えていけば良いのです。
【関連記事】

 

www.hanamako.com

 



以上、「【ダーツのアレンジの考え方】外した時に手詰まりにならないのがコツ」でした。