アレコレ LOG

ちょっとした立寄り情報だったり、どっぷりハマってる趣味だったり、自分が出来る事したい事を集めたのが【アレコレLOG】です。

[ダーツ投げ方] 動画の紹介と、見る視点が変わって分かる事

この記事をシェアする

たまたまですが、プロトーナメントの様子を真上から見る機会がありました。
普段動画で見るような、斜め後ろや斜め前からでは見えない、なぜトッププレーヤーの飛びが安定しているのかというヒントを見る事ができました。

真上から見るということは、セットアップからテイクバック、テイクバックからフォロースルー、そしてダーツの飛びまでを含めて、どう繋がって行くのかが平面的に観察出来るという事で、フォームから飛びのラインまで非常に見やすいです。

この真上からの視点は、これからのレクチャー系動画に是非取り入れてもらいたい、大変参考になる視点です。

そして先日ユーチューブで見たダーツ関連の映像で、大変興味深いものがありました。


WINMAU本社でダーツトレーニング受けてきた Darts Training at WINMAU Office

  


この動画で紹介されているサイトライトの説明は、今後の私のダーツスローを考える上で、大きな影響を与えました。
両目で見た時のセンターライン、サイトライトの使い方、ターゲットに対しての直線上への立ち方など、とても分かりやすく説明されています。
非常に勉強になるダーツの動画なので、皆さん是非視聴してみてください。

その動画の中で、イギリスのトッププレーヤー達の真正面からの動画があります。
先程説明した私が真上から見た大会の日本のトッププレーヤーのダーツスローと、真正面から見るイギリスのトッププレーヤーのダーツスロー。

共通点として縦ラインで見れば、ダーツの飛ぶラインを直線で延長した線上を、フォームが綺麗にトレースしてると言う事。
そして多数のプレーヤーが視界のセンターラインにテイクバックしてると言う事(効き目側、鼻の横あたり)。

「そんなの当たり前だ」と言う人がいると思いますが、縦ラインにそって真っ直ぐテイクバックするのは簡単なようですごく難しい事なのです。
ちゃんと出来てる人は、少ないと思います。

これらを踏まえて私が発見した自分の欠点は、視界のイメージライン(センターライン)に対して若干クロス気味に腕を振っているところです。
テイクバックが視界のセンターラインから右に外れている(右頬の横に倒してきている)ので、少し右からダーツが入って来るように見えてます。
これだと常に誤差を感覚で補っている感じで、感覚がズレた時の影響が大きく、安定してるとは言えません。

さっそく動画の情報を参考に、テイクバックを視界のセンターに倒してくるように変更しました。
まだ変更してから間もないのでこれから投げ込む必要がありますが、すぐに気が付いた点をいくつかあげます。

・ダーツが見え続けるようになった


・テイクバックの位置が変わって、ターゲットに向かって出す腕の角度が変わったので、親指を使う比率が増えた


・縦ラインを合わせやすい(ダーツの横ずれも減った)


・真っ直ぐ引いて、真っ直ぐ出すイメージが作りやすい

リリースに問題がなければ、ダーツは横に振れずに飛んでいきます。
投げ込んでみて、自分に効果があるか検証してみたい事に久しぶりに出会えた感じがします。
JAPANESE GUY TVで、これからも面白い勉強になる動画の公開を期待したいと思います。

以上、「[ダーツ投げ方] 動画の紹介と、見る視点が変わって分かる事」でした。