アレコレ LOG

ちょっとした立寄り情報だったり、どっぷりハマってる趣味だったり、自分が出来る事したい事を集めたのが【アレコレLOG】です。

ダーツによる身体の歪みは不調の始まり、簡単な予防方法の紹介

この記事をシェアする

皆さんはダーツを続ける上で、身体のメンテナンスを考えた事がありますか?
お風呂上がりにでも、鏡の前に立って自分の身体を観察して下さい。
腰の高さが左右で違ったり、肩の高さが違ったりしている場合がけっこうあります。

私はダーツを始める前に整体に通っていた事があり、身体の歪みはかなり改善されている方でした。
でもダーツを始めた頃は身体中チカラは入っていて筋肉はガチガチになるし、夢中になり過ぎて夜中にダーツばかり投げて他のスポーツをしなくなっていた時期がありました。

 

f:id:hanamako1y:20180905152905j:plain

 

 

 

ダーツのしすぎで身体が歪む

 

鏡の前に立って何気に気が付いた、自分の身体の変化。

「明らかに右肩が下がってる」

そして久しぶり整体に行って、言われた一言

「右脚が短くなってるし、右肩下がってますよ。よっぽど偏った姿勢ばかりしてたんですか?」

心当たりはダーツだけ(笑)
整体師さんにダーツを説明すると、やはり偏った姿勢の運動は身体の歪みを生みやすいようです。

 

 

簡単な予防方法を教えてくれました


整体師さんによると、身体の片側に重心が偏るダーツはどうしても歪みを生むので、しっかり筋肉をほぐしてリセットする事で予防出来るとの事。

 

【身体の歪みを予防する方法】
・腕だけではなく、身体全体のストレッチを毎日する事
・全身をバランスよく使うような、他のスポーツもする事


実際この2点を気を付けて行い、ダーツをするようになってから身体の歪みも少なくなり、整体に行ってもそれほど偏りは酷くないと言われるようになりました。
 
ストレッチを毎日続けるだけでも、習慣になるまで大変でしたけど・・・

身体が歪むとバランスが崩れ、ダーツを投げる時の動きも悪くなります。
身体のメンテナンスをする事でダーツの不調を予防する事になるので、皆さんも一度自分の身体と向き合ってみてはいかがでしょうか。

以上、「ダーツによる身体の歪みは不調の始まり、簡単な予防方法の紹介」でした。