アレコレ LOG

ちょっとした立寄り情報だったり、どっぷりハマってる趣味だったり、自分が出来る事したい事を集めたのが【アレコレLOG】です。

【ダーツグリップ変更】心が折れそうになった出来事

この記事をシェアする

ダーツのグリップを変更する時って、いろんな理由があると思います。

・手離れを良くしたい
・腕の振りを変えて、グリップが合わなくなった
・好きな選手のグリップを試してみたい


人それぞれ考えがあって、グリップを変えた経験がある人は多いはず。
そしてグリップを変える時は、本当に覚悟が必要になりますよね!!
グリップを変えて、フォームについて全身を見直すなんてよくある話。

しかし私の場合は、予期せぬ出来事でグリップの変更を余儀無くされました。

「中指付け根のガングリオン再発」

これが理由です。
良性の腫瘍の一種で、出来ても無自覚の場合がありますが、私の場合中指の神経を圧迫する位置に出来るので、中指を使うとかなり痛いです。
実は以前一度手術で切除していて、その時はPCのキーボードを打てなくなる程痛くなってからの治療でした。

f:id:hanamako1y:20180905112540j:plain


ダーツを始めて2年目でガングリオン再発。
元々グリップはスリーフィンガーで、親指、人差し指、中指でしっかり持ち、薬指がバレルの下に触れるスタイル。
ダーツの練習をしていると、30分くらいで中指の痛みが酷くなり、練習を続けられない状況になりました。
そして、以前手術した病院で診察を受けると、

「今回のガングリオンは位置が悪く、完全に神経を圧迫していて、手術すると神経にキズがついて、指の運動機能に支障が出る可能性が高い」

いや、それは困る!!(笑)

日常生活には支障がないので、治療せずにガングリオンと付き合っていく事を決意しました。

すると、どうしても支障がでるのがダーツ。
ダーツを投げれないのは絶対嫌なので、グリップを親指と人差し指の2本でする事を決意!!
中指は、バレルの横に触れるだけになりました。

さてここからが大変。
グリップが変わって、手のひらの向きが少し変わっただけで、結局全身見直して自分が納得できる状態になるまで半年かかるという事態に。

この期間の練習方法は、

・全身見直す必要性を感じたので、新しいアイデアをメモに書きためる
・自宅投げで、とにかく出たアイデアを試す
・慣れないフォームで身体がキツかったので、体幹トレーニングを始める


とても地道な作業です。
悩んで出したアイデアは、20個試して1個使い物になるかどうか。
そのやっと見つけた使えるアイデアも、他のアイデアを試すうちに要らなくなったり。
すごく遠回りなようですが、私はこの方法で良かったと思ってます。
と言うか指の状態関係なく、いつも通りの練習方法だったりします(笑)

結果ガングリオンをキッカケにグリップを変更出来たので、良い経験が出来たと思います。

人間、工夫次第でなんとかなる!!

以上、【ダーツグリップ変更】心が折れそうになった出来事 でした。