アレコレ LOG

ちょっとした立寄り情報だったり、どっぷりハマってる趣味だったり、自分が出来る事したい事を集めたのが【アレコレLOG】です。

【氷上ワカサギ釣り】あいすランド阿寒の良い点、気になる点

この記事をシェアする

お手軽にワカサギ釣りが出来ると聞いて、北海道にある阿寒湖に行きました。
2月の阿寒湖はとにかく寒いです。
初めて行くので、期待と不安で阿寒湖に向かいます。

f:id:hanamako1y:20180905154245j:plain




なんと言っても手ぶらで行ける


自分でアイスドリル、ワカサギテントを持って行くとほんとに荷物になるし、帰宅後の後片付けと手入れがもう大変!!
ワカサギ釣りをする人ならこの辛さ、分かると思います。

その点あいすランド阿寒では、張ってあるテントと釣道具一式、エサとイスがついて1人1500円。
入漁料も含んで1人1500なので、なかなかお得です。

道具一式を買う必要が無いと言うことは、「ワカサギ釣りを体験してみたい」という初心者の方にもオススメ出来ると言うことです。

釣り以外にも、スノーモービル、四輪バギー、雪上バナナボート、歩くスキー、アイススケートが出来るので、1日中遊ぶ事が出来ます。

そして駐車場は驚きの、阿寒湖の氷上です(笑)
車から降りると、目の前は【あいすらんど阿寒】が広がっています。

久しぶりのワカサギ釣り


チケット売り場で料金を払って、仕掛けの付いた竿、エサ、折りたたみイスを受け取り常設のテントへ。
小テントに案内されると、中には穴が3つ開けてあります。

仕掛けの釣針にエサをつけて、釣り開始。
阿寒湖にワカサギを釣りに来たのは初めてですが、なかなか深く10m以上はあります。
湖底に着くまで仕掛けを落とし、ベタ底狙いで少し竿をしゃくりながらアタリを待ちます。
正午頃に行ったせいか、なかなか渋い・・・
でも息子と一緒に頑張っていると、少しずつ釣れてきました。

f:id:hanamako1y:20180905154316j:plain


釣れたワカサギは1番下の針か、下から2番目の針にしか掛からなかったので、湖底を動いているのだと思います。
結局3時間頑張って、たったの16匹(笑)
1月に行った人達が、かなりの数釣っていたので悔しい結果に。
ただ風の当たらないテントの中で、息子とワイワイしながら過ごせたので良しとします。

あいすランド阿寒では、釣ったワカサギを天ぷらにしてくれるサービスも、1500円のチケットに入っています。
揚げたてを自宅で食べたかったので、天ぷらのサービスは利用せず、そのまま持ち帰りました(自宅で天ぷらにして食べたら、大きな個体は卵を持っていて大変美味しく頂けました)

あいすランド阿寒の気になった点


休日はとにかく混みます。(それだけ人気があります!!)
手ぶらで出来るワカサギ釣りは人気で、かなりのテント数があるにもかかわらず、30分以上テントが空くのを待ちました。
チケット売り場で予約して、放送で呼ばれるまで待つ事になります。
ただ、他のアクティビティがあるので楽しみながら待つ事が出来るのは良いと思います。

ワカサギテントから近い、氷上の仮設トイレについては数が少ないので、女性利用が多いと結構並びます。
トイレの設置が斜めになっていたり、少し利用しにくく感じました。

仮設トイレについては、トイレの置き場所に木の土台を設置して全体的に水平にしたり、女性用のトイレとして、ワンサイズ大きくて上着を掛けておくスペースのあるトイレの導入を望みます(スキーウェアの人が多く、トイレの際脱ぐのが大変)

良い点、気になる点まとめ


良い点
・手ぶらで行って、ワカサギ釣りが楽しめる
・テントの中は、風が入らず快適
・待ち時間も、他のアクティビティで遊べる
・体が冷えても、すぐそばが温泉街
・受付の人達が親切

気になる点
・トイレが使いにくい
・休日は待ち時間が長い

ここはオススメの遊び場です!!


それにしても、今回【あいすランド阿寒】を利用してみて分かりましたが、手ぶらワカサギ釣りは特に小さな子供連れの家族にオススメできます。

ワカサギを釣るまでの段取り、そして片付けの手間と時間が省けるので、1日中遊びに没頭できる場所です。

身体が冷えたら、周囲の温泉施設で暖まってから帰ると良いでしょう。

オススメの冬遊びの場所なので、皆さんもぜひ足を運んでみて下さい。

利用料金等の詳細情報はこちら

あいすランド阿寒 / 有限会社 広大



以上、「【氷上ワカサギ釣り】あいすランド阿寒の良い点、気になる点」でした。